• アウスレーゼ志智

エアコン回路内クリーニング機能付き、ガスチェンジャー導入のお知らせ


お世話になります。メカニックの志智です(^O^)/


ブログでのご報告が遅くなりました(-_-;)

季節外れになってしまいましたが、アウスレーゼテクニカルセンターについに、134aガスと1234yfガス対応のエアコンガスチェンジャーが導入されました!!


このガスチェンジャーですが、エアコンの冷媒回路内のクリーニング機能も備えており、ガス回収時に回路内のコンプレッサーオイルや鉄粉等の汚れを回収しキレイな新しいコンプレッサーオイルをガスと一緒に充填してくれるという優等生なんです(^^♪


夏場に毎年エアコンの冷えが悪くなる自分の車で試してみました!



まず、比較としてクリーニング処理前のMAX COOL吹出口温度です。


この測定時もうすでに秋で猛暑ではなくなっていましたが(-_-;)

11.6℃

ぬるいですね・・・笑


猛暑ではぬるーい風が出てくるうちの車、エアコンガス量はほぼ既定値入っており、年数的にも走行距離的にも、コンプレッサーが寿命かな?なんて思っており諦めておりました。

ほんの少しの期待をこめて機械を繋ぎ、クリーニングスタート!

ほぼ全自動で40分ほどで作業終了しました!


早速、吹出口温度をチェック!


なんと・・・


5.1℃

工程的には、

回収→クリーニング→真空引き→漏れチェック→充填

という感じなんですが、まさかクリーニングをして規定量ガスを入れるだけでここまで変わるとはと驚きました(゜o゜;


体感温度ももちろん全く違い、キンキンに冷えてるなという感じでした!






こちらが、回収された古いコンプレッサーオイルになります。

本来は、蛍光剤が入っていても澄んだ蛍光グリーンなオイルですが、回路内に水分が混入し白濁していました。

さらにオイルの上の方にゴミがかなり浮いていました(-_-;)

コンプレッサーオイルを全て回収し交換できるわけではないですが、回路内のコンプレッサーオイルをかなり回収できますので、良いですよね!

このようにコンプレッサーオイルの劣化や、ゴミが入ることにより回路のつなぎ目のOリングが損傷し漏れが発生したり、コンプレッサー本体の損傷、冷却性能の悪化につながることが大いにあります。

そうなってしまうと、修理代が高額になったり、暑い夏にエアコンが効かない!なんてことになります(-_-;)

なので定期的にこの機械でクリーニングをすると、環境にも車にもお財布にも優しく、愛車に長く、快適に乗ることができますので、ぜひご体感下さい♪


大体1台につき30分から1時間で終わりますので店内でお待ち頂く間に作業できますし、近くにカラフルタウン岐阜がありますので、お買い物や映画鑑賞の間に作業というのもできます♪

もちろん無料の代車もございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ♪

最新記事

すべて表示