• アウスレーゼ志智

ダイハツ ムーヴコンテ 車検整備


お世話になります。メカニックの志智です(*^_^*)


当店では輸入車に限らず国産車も多数整備ご依頼頂いておりまして、今回はダイハツのムーヴコンテの車検整備についてご紹介します。






エアクリーナーエレメントの汚れがひどく清掃では復活しないと判断、交換させて頂きました。

 エアクリーナーエレメントは消耗品で汚れが酷くなったり劣化してくると吸入空気量の減少によるエンジン不調や燃費の悪化等が起こりますので定期的な点検清掃、適切な時期に交換することをおすすめします。











続いてはスパークプラグです。

点検すると、電極の摩耗や汚れ、不純物の付着がありましたので交換させて頂きました。

それぞれのスパークプラグを規定トルクにて締め付け、アイドリングや吹けの状態をチェックし完了となります。

 スパークプラグも消耗品で、劣化してくると燃費の悪化、失火によるエンジン不調、そのまま使用するとイグニションコイルへ負荷が掛かり、イグニションコイルの故障等トラブルを招きますので、定期的な点検、交換をおすすめします。










続いて、エアコンベルト、パワステベルト、ファンベルトの交換です。

交換し、それぞれのベルトの張り具合、異音、取付状態などチェックし完了となります。

ベルト類も消耗品で適度な張りにてテンションが掛かっていますので、ゴム部分が摩耗減少していき、異音やベルト切れによる補機類損傷等、高額修理となるトラブルに陥る可能性があります。

定期的な点検、交換をおすすめします。





続いてはフロントブレーキパッドの交換です。

各部注油清掃し、ブレーキパッドを交換していきました。

ブレーキパッドも減った状態で使用されると、制動力が減少し危険です。

また、摩耗剤の部分が完全にすり減ってバックプレートの金属がブレーキディスクと当たる状態になると制動力が少ない状態になるだけでなく、大きな異音、ブレーキディスクの損傷に繋がり非常に危険です。

そうなる前に交換をおすすめします。







その後、写真を取り忘れましたが、タイロッドエンドブーツ破れで、タイロッドエンドのボールジョイントを点検清掃、新しいグリスを充填しブーツを新品に交換、左ドライブシャフトのインナーブーツの破れで、ジョイント部の点検清掃、新しくグリスを充填しブーツを新品に交換、ブレーキオイル、冷却水、エンジンオイル、フィルター、前後ワイパーゴムを交換させていただきました。


最後に洗車をして作業完了致しました。


いつも作業ご依頼頂きありがとうございます。